中年女性

庭の雑草対策をしらべる|ガーデニングを楽しむために

コツをつかむ

道具

子供の頃には、学校や家の手伝いなどで草むしりをしていた人は多いでしょう。菜園や庭には、雑草が良く生えてきます。植物や農作物、そして庭の景観を守るためにも、草むしりは重要な作業になります。重要な作業であることはわかっているのですが、草むしりはとても面倒だと感じる作業でもあります。屋外で行うため、真夏には炎天下でしなければなりません。また、蚊や害虫なども多いですから、虫が苦手な人にとってはたまりません。作業をしても雑草はすぐ生えってくるため、徒労感を感じてしまうことも数多くあります。このように面倒な草むしりは、なるべく効率的に行いたいものです。

草むしりにはいくつかのコツがあります。草むしりのコツとしては、まず、草むしりを行う前に水を撒いて土を湿らすことが挙げられます。土が乾燥した状態で草を抜くと、根っこがちぎれてしまい、作業を遅らせる原因になったり、すぐに雑草が生えてきてしまう原因なったりします。後々に無駄な作業を増やしてしまうことがない様にするためにも、なるべく根っこを残さないように草むしりをすることが重要なのです。雑草は根っこが細いものが多いため、草むしりをするときには、大根を引き抜くように抜くイメージをすると良いでしょう。根っこが抜けない場合には、鎌を使うと便利です。草むしりをする時間がない場合には手軽に行うことができます。また、雑草が生えている範囲が広範囲な場合には、草刈機を使用すると良いでしょう。草刈鎌や芝刈り機は、草むしりを短時間で効率よく行うことができます。しかし、根っこから完全に抜くことはできないため、こまめに行うことが必要になってきます。